市原の家

architect堀部安嗣建築設計事務所

address千葉県

住宅特集2011年9月号 20P

母屋と建主の職場である病院が建つ敷地に独立した生活ができる場所をつくることを目的に、既存の庭の眺めや母屋や病院との動線を考慮して、4つのブロックを並べるように計画された住宅。方形または寄せ棟の屋根をもつ4つのブロックを雁行して配置することで、小さなアルコーブとなる庭を介して、パブリックとプライベートの領域が連続する空間構成となっている。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年9月20ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。