オムロンヘルスケア新本社

architectKAJIMA DESIGN

address京都府

新建築2012年7月号 176P

医療機器の開発・販売を行う企業の新本社・研究所.研究開発棟とショールーム棟がエントランスと接続している中庭を挟んで建つ.研究開発棟は6層吹き抜けのアトリウムがオフィスとラボを分節.内外の交流を促すと同時に建物内の通風を担う.太陽高度に同期する東面の縦ルーバー,ミニスマートグリッド,タスクアンビエント空調などの環境配慮設備を備える.サーマル人感センサは人や床面の温度を測定し在/不在を感知.動くものを感知する一般的な人感センサに比べ,オフィスでの使用に適する.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2012年7月176ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。