志津川番屋プロジェクト

architect宮城大学竹内研究室

address宮城県

新建築2011年12月号 124P

志津川漁港沿岸に建てられた地元漁師の会合や作業のための小屋.企画から竣工まで1カ月という短期間で大学教員,学生,地元漁師らによって建てられた.使用した木材は岐阜県加子母村の工務店より提供.プレカットしたものをトラックで搬送した.設置予定期間2年の仮設建築物.

close
arrow_left
1/2
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2011年12月124ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。