長床の家

architectLife style工房 安齋好太郎

address福島県

住宅特集2019年3月号 36P

2011年の東日本大震災の影響で、2017年まで一時避難区域に指定されていた福島県南相馬市。規制が解除されて戻って生活するにあたり、夫婦ふたりで住むには大きすぎる既存の平屋を改修。水回りを減築し、既存の柱はそのままで内側に木製ガラス建具を設えることで、広縁と和室だった場所を縁側にして、街の人とのコミュニケーションの場とした。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年3月36ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。