地形の残像

architect岸本和彦/ acaa

address神奈川県

住宅特集2018年7月号 138P

庭を挟んで2棟が建つ住宅。建築による残土を利用し丘のように起伏した庭をつくった。親世帯と子世帯の縁側は約1,300mmのレベル差で配置されている。地形によりの適度な距離をつくり出すとともに、視線の見え隠れにより周囲からのプライバシーを守り、アプローチから先が見通せない奥行きを生み出している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年7月138ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。