ARI

architect片田友樹/ micelle

address群馬県

住宅特集2018年4月号 28P

敷地は夏と冬の気候が大きく変わる関東平野の北端に位置する。壁と天井は開閉式で、住まい手が季節や時間に応じて調節することができ、壁パネルを開くことで南北の通風や軒の深い縁側の空間を生み出す。小屋裏が熱や光環境を調整するバッファーゾーンとして働き、断熱材を圧着した天井パネルが開閉されることで、室内の環境が調整される。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年4月28ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。