深川の家

architect谷尻誠/Suppose Design Office 大野博史/オーノJAPAN

address広島県

住宅特集2012年7月号 84P

前面道路の交通量の多さから素直に開けない中で、敷地なりに外壁を建て、空間内部に大きな樹木のようなヴォリュームをつくり出している。幹にあたる部分は階段室となっており、そこから枝葉のように居室が張り出す。居室には開口が開けられ上部はテラスとなり、部屋同士や外周壁との間の余白、さらには外と、さまざまな関係が生まれている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年7月84ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。