吉備中央町の家

architect神家昭雄/神家昭雄建築研究室

address岡山県

住宅特集2011年6月号 84P

古民家の改修。長い年月の間に行われた増築部分を撤去し、新築当時の状態に戻してから民家ならではの動線、骨組みを生かしている。暗くなりがちな空間には、通り土間を設けたりガラス瓦を一部張るなどして適度な明るさを取り入れている。また構造の補強や壁の土壁を塗り治すなどのほか、格子戸も格子は既存のものを利用し框だけ新しくするなど、新旧の対比を視覚的にも表現している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年6月84ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。