• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
高台の家/G邸
studio A/諸角敬
bookmark_outline
概略
道路から約2. 5m、敷地内でも1. 8mの段差と高低差を活かして、その起伏そのままに建物を配置している。道路側のボリュームは土留めとなるRCの箱で、その上部に木造の建物が建つ。開けた方向への開口部は大きくなり、地盤面との連続性やディテールが美しく納められている。
所在地
神奈川県
掲載誌
新建築住宅特集 2010年4月号 36P