那須塩原まちなか交流センター くるる

architect藤原徹平+針谷將史+フジワラテッペイアーキテクツラボ

address栃木県

新建築2019年11月号 62P

北東側外観.栃木県那須塩原市黒磯駅前から続く国道沿いに建つ鉄骨造の地域交流センター.敷地中央に配置した高さ6mの大屋根が,屋根下広場から屋内広場を覆い,多目的に使用可能な大空間を形成.その両脇に高さ2.2〜4.0mのカテナリー屋根に覆われたキッチンや展示エリアなどを配置.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年11月62ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。