住友林業筑波研究所 新研究棟

architectle style h/Atelier Asami Kazuhiro 住友林業木化推進部

address茨城県

新建築2019年10月号 66P

住友林業筑波研究所内の木造3階建ての新研究棟で,1時間準耐火建築物として計画された.構造体は住友林業が開発したポストテンション構法によるLVL(ラジアータパイン)の耐力壁,およびカラマツ集成材による柱梁で構成される.耐力壁は建物全体の長手方向にS字状に配置.インナーコートヤードは,ラジアータパインのLVLによるブロック(1,200mm角,厚み300mm)を市松状に積んだポストテンション構造の壁柱で囲われる.

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年10月66ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。