久光製薬ミュージアム

architectチェッコ・ボナノッテ(基本デザイン構想) 安井建築設計事務所

address佐賀県

新建築2019年9月号 190P

久光製薬創業170周年を記念して,企業の歴史や歴代経営者の理念を伝える展示空間の創出,研修・会議機能の拡張のため建設されたミュージアム.基本デザイン構想をイタリアの彫刻家チェッコ・ボナノッテ氏が担当..4×4mのグリッドをベースとし建物を構成.ボイドスラブにより軽量化した上でプレストレスすることで,一部躯体を張り出している.また,ガラスをバックマリオンによるSSG工法とすることで,サッシの見付けを最小限にしている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年9月190ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。