陸前高田市立気仙小学校

architect綾井・土屋・IEE設計共同体

address岩手県

新建築2019年6月号 132P

東日本大震災で津波の被害を受けた岩手県陸前高田市.震災後,大規模な宅地造成と住民移転が行われ,その中心施設として計画された小学校.棟ごとにそれぞれ異なる木架構でつくられている.普通教室棟の中央部防火壁を木造による耐火とし,棟全体の構造的なバランスを確保している.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年6月132ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。