多賀町中央公民館 多賀結いの森

architect大西麻貴+百田有希/o+h

address滋賀県

新建築2019年5月号 104P

木造平屋の公民館.彦根市の南東にある多賀町は人口7,000人,町の面積の約85%が森林でかつては林業や製材業が盛んであった.その山林資源を有効活用しつつ老朽化していた旧公民館の建て替えを目的に2016年に公開コンペが行われ,179案の中から本案が選ばれた.構造材,下地材,内外装材,家具材に町産のスギとヒノキを使用している.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2019年5月104ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。