新建築社 北大路ハウス

architect京都大学平田晃久研究室+平田晃久建築設計事務所

address京都府

新建築2018年2月号 78P

既存の木造住宅を改修した新建築社がオーナーである建築学生のための6戸のシェアハウス.京都大学平田晃久研究室が中心となり,他大学の学生を巻き込み実際に自分たちが住まうこと,使っていくことを想定しながら設計が進められた.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く
ビューワーを開く
ビューワーを開く
ビューワーを開く

データシート

概要

所在地

京都府京都市北区紫竹上梅ノ木町28

主要用途

寄宿舎

建主

新建築社

建築

設計・監理 京都大学平田晃久研究室

担当/天野直紀* 丹羽健一郎* 

大須賀嵩幸 志藤拓巳 吉永和真

関川圭基 坂野雅樹 武田まりの

善岡亮太* (*元研究員)

平田晃久建築設計事務所

担当/平田晃久 杉山征利

構造

tmsd/萬田隆構造設計事務所

担当/萬田隆 小林充

施工

建築

上原工務店 担当/上原久典

空調・電気 須田電業

規模

敷地面積

308.02m2

建築面積

182.26m2

延床面積

253.42m2

1階 170.13m2/2階 83.29m2

建蔽率

59.18%(許容:60%)

容積率

82.28%(許容:100%)

階数

地上2階

寸法

最高高

9600mm

軒高

5800mm

階高

3400mm

天井高 1階個室:2400mm 2階個室:2180mm

主なスパン 910×910mm

敷地条件

地域地区

第一種低層住居専用地域 準防火地域 高度地区(10m) 遠景デザイン保全区域 山並み背景型建造物修景地区

道路幅員

南5.76m

構造

主体構造

木造 一部鉄筋コンクリート造

杭・基礎 布基礎

空調設備

空調方式

空冷ヒートポンプエアコン方式

熱源

電気

防災設備

消火

消火器

排煙

自然排煙

その他

火災報知機 漏電火災報知機

工程

設計期間

2016年3月〜2017年8月

施工期間

2017年9〜11月

外部仕上げ

屋根

既存モニエル瓦 鉄筋コンクリート部:既存下地耐水合板 t=12mm+アスファルトルーフィング 22kg)

外壁

既存モルタル+外装薄塗材(鉄筋コンクリート部:コンクリート打ち放し+外装薄塗材)の上,水性セラミックシリコン樹脂塗料

開口部

アルミサッシ(三協アルミ)

内部仕上げ

リビング

ラワン合板 t=2.7mm クリア塗装仕上げ

壁・天井 白色EP塗装

室1~5

床・天井 ラワン合板 t=2.7mm クリア塗装仕上げ

既存部分:白色EP塗装 新規部分:構造用合板 t=12mm+ラワン合板t=2.7mm クリア塗装仕上げ

室6

ラワン合板 t=2.7mm クリア塗装仕上げ

壁・天井 白色EP塗装

和室

既存畳

既存砂壁状繊維壁塗り仕上げ

天井

既存スギ中杢練付合板

キッチン

既存耐水フロア

壁・天井 白色EP塗装

主な使用機器

空調機器

ダイキン工業

照明器具 ODELIC 小泉照明 後藤照明 スワン電器

建築金物 MIWA WEST ROYAL

賃料・ユニット面積

住戸数 6戸

住戸専用面積 4.14〜6.57m2

賃料 30000円

マップ

所在地京都府京都市北区紫竹上梅ノ木町28