東京マザーズクリニック

architect伊東豊雄建築設計事務所

address東京都

新建築2012年3月号 171P

住宅地に建つ胎児診断と無痛分娩を専門とする産婦人科医院.1階待合ホールと階段室には排煙のため開閉式のトップライトを設けて中間期には開放し,高低差を利用して待合ホールと廊下の重力換気を行う.安定した温熱環境とするため,待合いホールおよび病室に床冷暖房を採用.外気の温湿度を調整して床下に通している.壁面・天井面の仕上げは珪藻土とし,鉄筋コンクリートの躯体に蓄熱する.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2012年3月171ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。