• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
はこ
成田和弘+成田麻依/kufu
bookmark_outline
概略
小高い山の崖地に建ち、南西面に緑を背負う。敷地内にもともとあった高さ約4mの石積みの擁壁を跨ぐように上部に母屋を、下部に離れを配置し、箱状のヴォリュームを積み上げるように構成している。躯体は木造とし、母屋の一部の壁面を土留めを兼ね基礎を立上げている。
所在地
広島県
掲載誌
新建築住宅特集 2020年4月号 44P