大和蒸溜所

architect吉村理建築設計事務所

address奈良県

住宅特集2019年4月号 32P

「西蔵」(本誌1609)の真向かいにある築100年を超える町家の一部を、バーやゲストルームを含む蒸溜所にリノベーションした。9mm厚の構造用合板によるものと、30mm厚のスギ板によるもの2種類の市松模様の壁を新しく挿入して耐震補強している。透過性がある耐震壁が複数のプログラムに合わせて空間を緩やかに分節する。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年4月32ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。