静岡の家

architect後藤周平建築設計事務所

address静岡県

住宅特集2019年2月号 118P

昭和40年代に建てられた、事務所兼アパートを住宅に改修。それにあたり余分となった2階の床を半分撤去し、2層分の吹き抜けをつくり出すことで既存との計画のずれを生かし、周辺環境と住まい、室と室の新しい距離感をつくり出している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2019年2月118ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。