hanare

architect堤庸策/arbol

address徳島県

住宅特集2018年3月号 146P

山の窪みの広い敷地に建つゲストハウス。大きな屋根の下の開放的な土間広場は、庭から連続するような場所をつくり出す。建主の思いから、ゲストハウスとしての使用以外にも客人や近所の人びとがたくさん集える場所となることも想定している。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年3月146ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。