入母屋の離れ

architect富永大毅建築都市計画事務所

address東京都

住宅特集2018年3月号 106P

広い既存の庭を共有して、母屋とL字の関係に建つ。新しい木や石を増やすことなく既存の庭石を再配置した後、塀の大谷石を敷いたり、砕いて犬走りに使用している。入母屋屋根の妻部分が開口となっており、プライバシーを保ちつつも庭の木々が見え、光が入る。将来的に入母屋屋根の梁に床を張り、2階建てにすることも可能。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2018年3月106ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。