箱の家 148:本庫

architect難波和彦+界工作舎

address秋田県

住宅特集2015年10月号 86P

建主は図書館司書で、人口減少率が日本一高い秋田県の中心部に建つ。高齢者がお茶を飲みに来られる図書館として自宅を週1〜2日開放し、本にまつわるイベントを企画している。東日本大震災後に、難波氏が開発した「コンパクト箱の家」の屋外室案をもとに、約2万冊の蔵書を収める空間がつくられている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年10月86ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。