南沢の小住宅

architect若原一貴

address東京都

住宅特集2012年5月号 136P

若い夫婦のための“良質な生活の器”をつくる、という設計の意図から、一般モデュールとして広く普及している910mmのグリットを使い、天井高や窓の配置、家具の大きさなどを調整することで、空間に広がりを与えている。内壁には光の入り方によって色がグラデーション状に変化する大谷石を混ぜた漆喰を塗り、空間にさらなる奥行を与えている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年5月136ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。