• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
南沢の小住宅
若原一貴
bookmark_outline
概略
若い夫婦のための“良質な生活の器”をつくる、という設計の意図から、一般モデュールとして広く普及している910mmのグリットを使い、天井高や窓の配置、家具の大きさなどを調整することで、空間に広がりを与えている。内壁には光の入り方によって色がグラデーション状に変化する大谷石を混ぜた漆喰を塗り、空間にさらなる奥行を与えている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2012年5月号 136P