SLIT

architect奥村和幸建築設計室

address東京都

住宅特集2012年3月号 84P

南北方向に長い敷地において、建物を東西ふたつのブロックに分け、中央に幅1. 6mのスリット状の屋外空間を設定している。このスリット空間に階段やブリッジを設え、上下階や東西のブロックをつないで回遊できる動線を確保すると共に、そこに射し込む光や吹き抜ける風を通して、自然を見近に感じられるようにしている。

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年3月84ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。