ナチュラルイルミナンスⅡ

architect遠藤政樹/EDH 遠藤設計室 名和研二/なわけんジム

address東京都

住宅特集2012年3月号 28P

狭小地において三方が建て込んだ低層住宅地の中で光を均質に取り入れるため、3方向の壁面にスリットを設けている。120mm角柱と横架構材で組まれた木格子型の構造で、ユニット間の隙間150mmが採光のスリットとなる。設計段階から採光の検討のため、大学研究室で事前にモックアップによる採光実験を行い、昼光量を検証した。

close
arrow_left
1/9
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2012年3月28ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。