小路の家

architect森俊之+深澤明

address東京都

住宅特集2011年3月号 58P

遊歩道に向かうあぜ道のような小さな路が点在する敷地に、街とつながる住まいを提案。東西に2面接道する敷地を横断する土間を内部に取り入れ、ふたつの道をつなぐ通り庭を設けている。 構造は、工場にてコの字型に折り曲げられた6mm鋼板で壁、床パネルを製作し、現場でハイテンションボルトで接合。1階北側の地窓から冷たい空気を取り入れ、ロフトの高窓から外部へ排出することで夏期の自然通風が促すといった、環境的な配慮もされている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年3月58ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。