Roof on the Hill

architect竹口健太郎+山本麻子/アルファヴィル

address兵庫県

住宅特集2011年3月号 38P

約3×3mのグリッドを基準に段状の敷地形状を生かして平面を決め、そこに100mm角の柱と148×100mmのH型鋼で骨組みを組み、デッキプレートを載せて屋根としている。また屋根を載せる鉄骨骨組みと45度をなす同サイズの鉄骨のブレース材の間にハイサイドライトを設えているので、段状の空間では立つ位置によって大阪市外から空まで広く多様な景色を望むことができる。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2011年3月38ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。