砦の家

architect日置拓人+南の島工房―級建築士事務所

address神奈川県

住宅特集2010年5月号 40P

建物のどこかに土を使うことを前提に、誰でも参加できる開かれた家づくりを目指す「土の家シリーズ」の第1弾。屏風状の外壁、三角形のジグザグ天井、門扉、什器、そして照明に至るまで、紙を折ったような直線的な幾何学によって構成されている。自然素材を用いて柔らかい表情をもたせると共に、時間と共に朽ち、手を入れ続けていくことが想定されている。

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2010年5月40ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。