• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
代々木上原の家
岸和郎+K.ASSOCIATES Architects
bookmark_outline
概略
既存の梅の木を残し、その回りをテラスにしている。テラスと内部居室は薄く着色されたブロンズペンガラスで仕切られ、隣接する空間ではあるものの、一体ではない異なった空間としてつくられている。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2005年7月号 22P