在来線 熊本駅

architect安藤忠雄建築研究所(デザイン計画) 九州旅客鉄道+安井建築設計事務所

address熊本県

新建築2021年9月号 102P

在来線連続立体交差事業に伴い,整備された駅舎.熊本城の石垣をモチーフにした弓形のファサードは,アルミキャスト下見張り.アルミキャストはショットブラスト処理の上,電解一次着色.ホーム上屋は集成材架構の屋根からなる.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2021年9月102ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。