惣誉酒造

architectアプルデザインワークショップ

address栃木県

新建築2015年10月号 126P

東日本大震災で大きな被害を受けた惣誉酒造の事務所棟の改築と石蔵棟の改修.事務所棟は鉄筋コンクリート造(一部木造)の2階建て,間口6m×奥行40mの長細いボリューム.昭和初期に建てられた石蔵棟は崩れた石を積み直して補強を施している.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2015年10月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。