東京大学安田講堂改修

architect東京大学キャンパス計画室(千葉学)・同施設部 香山壽夫建築研究所

address東京都

新建築2014年10月号 70P

2014年末の完成を目指して進んでいる安田講堂改修の途中経過の様子.屋根裏の鉄骨から吊られていた既存天井は,新たに挿入された鉄骨と剛接合することで 地震時に挙動を一体化する計画が取られた.講堂外側廊下部分の界壁には,鉄板を挿入して耐震強度を補完している.現代の技術によって,安田講堂本来の空間が取り戻されていく.

close
arrow_left
1/2
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2014年10月70ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。