調布の家

architect青木弘司建築設計事務所 | 協同設計:RGB STRUCTURE

address東京都

新建築2014年8月号 114P

賃貸併用住宅の改修.一旦内部をスケルトンにして,構造的な補強と設備的なリニューアルを行っている.既存の家の時間を新たな時間として一元化するのではなく,今までの時間も,これからの時間もバラバラのまま並存させるため,既存なものと新たに加えられているものができるだけ切り分けられることがないように設計されている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。