浜の会所

architect滋賀県立大学陶器浩一研究室

address宮城県

新建築2013年11月号 168P

気仙沼市に建つ復興支援施設.津波の爪痕がまだ残る浜に活気を与える場として計画された.竹の会所(本誌1112)に続いて,地域の竹や土いった自然素材を使い滋賀県立大学が中心となり約60名の学生が施工を担当した.

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2013年11月168ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。