上大須賀の家

architect谷尻誠/suppose design office

address広島県

新建築2009年12月号 179P

既存鉄筋コンクリート造3階の改修.既存躯体を「敷地」と見なし,その中に垂れ壁で囲ったLDKを設けている.それによって半屋外的な回廊スペースをつくり,音や熱環境のバッファーとしながら,全体を緩やかに分けている.

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2009年12月179ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。