裏磐梯のホテル

architect益子義弘 河合俊和 大竹慎太郎

address福島県

新建築2009年12月号 78P

既存の保養施設の骨格を活かしながらリノベーションし,民間のホテルとして再生させている.右手前のレストラン,切妻屋根の左端にある露天風呂,北側のポーチや渡り廊下が増築された.

close
arrow_left
1/6
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2009年12月78ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。