五月祭のフォリー ♯gradient+Wing Arch

architect統括:東京大学木質材料学研究室 設計:山口和弘 渡辺一生 木本次憲

address東京都

新建築2009年10月号 165P

東京大学の五月祭に,木質材料研究室の学生が,毎年セルフビルドで制作しているフォリー.今年は「ずらして・重ねて・留める」というテーマで2案が制作された.♯gradientは通常廃材となるヒノキやスギの剥き芯を井形に組んでずらしたもの.Wing Archは3mmのラワン合板と角材で構成された弓形ユニットで2本の軽快なアーチをつくり出している.『新建築』ではこれまでに以下の作品を紹介している.五月祭のフォリーE-CHO+IJS(新建築 2008年12月号 100頁),五月祭のフォーリーTHE NAVE+WR System(新建築 2007年9月号 192頁),五月祭のペンローズドーム(新建築 2006年10月号 178頁)

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2009年10月165ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。