知床斜里複合駅舎

architect川人洋志/川人建築設計事務所 日本交通技術

address北海道

新建築2008年10月号 170P

世界遺産である知床の玄関口となる駅舎.観光センターが増築され,既存駅舎が改修された.構造躯体,仕上げ,断熱材を兼ねる「カラマツ集成材」を積層し,壁面を構成している.ランダムにつくられた隙間が開口となっている.

close
arrow_left
1/3
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
新建築 2008年10月170ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。