• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
向洋の家
藤本寿徳建築設計事務所
bookmark_outline
概略
敷地は広島湾を望むかつての岬にあり、20m下の敷地境界線が40年前の海岸線にあたる。そのまま崖を延長するように外壁を傾斜させ、室内を四角錐状の壁面で覆うように立ち上げている。最大で1.3mの厚みをもつ壁を介して外部との関係を築く。
所在地
広島県
掲載誌
新建築住宅特集 2021年3月号 124P