• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
茂庭の家
大角雄三設計室
bookmark_outline
概略
敷地は太白山の麓の集落にある。近隣に建つ農家に倣って東西方向の切妻の家型にして、西側から吹き下す冷たい風をかわし積雪を抑える。軒下の連窓は小屋裏の床レベルに設置されたもので、その下の格子の嵌められたスリット状の開口は1階諸室のハイサイドライトとなる。
所在地
宮城県
掲載誌
新建築住宅特集 2020年3月号 124P