S の町家

architect木村松本建築設計事務所

address京都府

住宅特集2016年2月号 152P

京都の中心部に位置する間口5m、奥行き17mの敷地に建つ築100年超の町家の改修。元の室配列をトレースしつつ、庭を含めた5つの居住領域の間に175mmのレベル差を新たに設け、床仕上げを変えている。新設した開き戸を開ききることで5つの領域をひと続きとしても使えるようにした。

close
arrow_left
1/1
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2016年2月152ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。