土気の家

architect小泉誠

address千葉県

住宅特集2015年6月号 126P

60坪の土地に対して12坪の建築面積で建てられ、小さな規模の住宅に対して大きな庭を生み出されている。「食べる」「寛ぐ」「寝る」という生活の行いを、建具で仕切られた部屋としてではなく、段差で分け、それぞれの場の設えによって小さな空間を活用している。庭には大きなデッキと丘を設けて、家の周囲にも生活の場を生み出している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2015年6月126ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。