• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
八ヶ岳の家
城戸崎建築研究室
bookmark_outline
概略
八ヶ岳の傾斜地に建つ住宅。10×30mのヴォリュームの半分が空中に浮き、直径300mmの円柱鉄骨斜材2本で支持されている。景色に対してあえて閉じられた北側のアプローチからアクセスし、建物の先端のリビング・ダイニング・キッチンに出ると三方に広がるパノラマビューを堪能できる。
所在地
長野県
掲載誌
新建築住宅特集 2013年9月号 50P