八ヶ岳の家

architect城戸崎建築研究室

address長野県

住宅特集2013年9月号 50P

八ヶ岳の傾斜地に建つ住宅。10×30mのヴォリュームの半分が空中に浮き、直径300mmの円柱鉄骨斜材2本で支持されている。景色に対してあえて閉じられた北側のアプローチからアクセスし、建物の先端のリビング・ダイニング・キッチンに出ると三方に広がるパノラマビューを堪能できる。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2013年9月50ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。