• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
天台の家
荒谷省午建築研究所
bookmark_outline
概略
「直接光を入れないで欲しい」という建主の要望から、明るすぎない居住空間をテーマに設計された。ボリュームを分割してできた光庭は、垂直のスリットとして通風と採光の機能を担っている。また、屋根をボリュームから少し浮かせてハイサイドライトを設け、水平のスリットとして間接光が天井を伝い部屋全体へと広がる。
所在地
京都府
掲載誌
新建築住宅特集 2013年3月号 90P