• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
YK
山縣洋建築設計事務所
bookmark_outline
概略
高密度な住宅地にある14坪の狭小地に建つ。シンプルな箱の中に地下1階から地上3階にわたって約6畳の大きさの7つの空間をスキップフロア状に積み重ね、それらをつなぐように中央部に階段を配置している。小さい空間を積極的に楽しむという考えから、階段室は手摺壁を立ち上げた、マッシブな木のものが挿入され、空間を分断しつつも適度につないでいる。
所在地
東京都
掲載誌
新建築住宅特集 2010年7月号 104P