KHB

architect新関謙一郎/NIIZEKI STUDIO

address東京都

住宅特集2009年6月号 80P

幅2m、長さ15mの路地状の部分にはRCの壁が立てられ、入口には鉄板でつくられた離れを支えている。奥の矩形部分には木造在来工法の2階建ての母屋が建ち、外から一連の流れとして明るさと暗さが反転していくように空間が展開される。照明計画でも空間全体を照らすのではなく、暗さの中に部分的に明るさを生み出すように、間接照明を効果的に設置している。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年6月80ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。