柿の木坂の家

architect岡田哲史建築設計事務所

address東京都

住宅特集2009年6月号 14P

建主が乗用車2台、スーパーカー4台を所有しているため、接道の大半が駐車場とギャラリー(スーパーカーの駐車場所)で占められている。それらの隙間に間口2,500mmほどで設けられエントランスが敷地の奥まで伸びた軸線となり、そこに動線を集中させている。そして、軸線に直行させるかたちで、北棟・中庭・南棟を配置しているため、リビングや寝室のある北棟からは、中庭を介して、スーパーカーが展示された南棟を眺めることができる。

close
arrow_left
1/7
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2009年6月14ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。