縦回廊の家

architect内海智行/milligram studio

address静岡県

住宅特集2008年11月号 105P

地域に開放できる小さなギャラリーを設けた陶芸作家のアトリエ兼住宅。1階の土間が轆轤と窯を据えた創作の場であり、2階が夫妻のプライベートな生活の場になっていて、その周りを道路側の二辺に沿ってスロープ状の回廊がギャラリーとして設けられている。内壁が耐力壁となっており、外壁は耐力壁ではないため、長大な水平窓を開けたり、作品の格納および展示用の四角いニッチを設けることが可能になる。

close
arrow_left
1/5
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年11月105ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。