COURT HOUSE

architect土井一秀/土井一秀建築設計事務所

address広島県

住宅特集2008年7月号 132P

かつて農村地帯で、現在は住宅密集地に変換されつつある敷地に、再び自然を生活の中心に引き寄せる装置としてコートハウス形式を選択。室内環境の調整は、比較的温暖な地域性を生かし、中間期の快適な気候を積極的に取り入れる開放性を旨としている。通風、採光を重視し、各部屋の2方向通風開口、壁天井内通気、庇による日照のコントロールを積極的に行っている。

close
arrow_left
1/4
arrow_right
?
ホイール
ズーム
ドラッグ
移動
次/前のページへ
ESC
閉じる
© Shinkenchiku-sha / 新建築社
住宅特集 2008年7月132ページ
ビューワーを開く

ログインしていません

アカウントをお持ちでないかたは、新規登録をお願いします。
記事画像の全てや、データシートの閲覧を希望される場合は、サービスプランのご購読が必要です。
ご購読をご希望の方はプラン説明ページをご覧いただき、お好みのプランをお選びください。