• Ja
  • En
購読プラン
arrow_left
博多の家 ふたたび,都市型住宅へ
岸和郎+K.ASSOCIATES/Architects
bookmark_outline
概略
敷地は三方向に隣家が接して建つ住宅地。1階和室と3階夫人室は中村外二工務店の設計による。ここではコラボレートが前提としてあげられていた。3階より下の階では外部に対して閉じた空間となっているが、4階は外部に対して開放的なものとして設計されている。外部の変化の影響を受けない過去からつながりをもつ外部空間としての中庭、外部の変化に敏感に反応せざるを得ないが今日的な外部空間としての屋上庭園、このふたつの性格の違う外部空間を併せもつ都市型住宅。
所在地
福岡県
掲載誌
新建築住宅特集 2008年5月号 14P